大阪の売買倉庫物件一括検索!まとめて探せる 売り倉庫・売り工場サーチ

大阪の売買倉庫物件一括検索!まとめて探せる 売り倉庫・売り工場サーチ

06–6975-7780
10:00~19:00 (土日祝除く)

まずは、ご希望のエリア・条件をお選びください。

キーワードで検索

かんたん検索

希望エリア

広さ・大きさ

~

価格

~

人気の条件

地図から探す

ご希望の都道府県の場所をクリックで
場所の詳細が選べます。

かんたん検索 で、売り倉庫・工場を見つける

倉庫購入してリノベーション!人気の用途やメリット・デメリットとは


今回は倉庫の購入を検討している方に向けて、倉庫の購入後にリノベーションを施して利用するケースについて解説します。

倉庫をどんな用途でリノベーションするのが人気なのか、倉庫リノベーションのメリットとデメリットはどんなものか、という点についてもご説明します。

倉庫の購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

購入した倉庫をどんな用途でリノベーションするのが人気なのか?

倉庫リノベーションとは「コンバージョン」とも呼ばれ、倉庫として使われていた建物を他の用途に使えるよう作り変える(リノベーションする)ことを指します。

では実際、購入した倉庫はどんな用途でリノベーションされているのでしょうか?

人気の用途として挙げられるのは以下の3つです。

店舗

郊外で広めの店舗を手軽に持ちたいという方に、倉庫を店舗として活用することは人気があります。

配管をそのままインテリアとして活用するなど、倉庫ならではの雰囲気を活かした演出も可能です。

オフィス

広い倉庫はオフィスとしても十分活用できます。

天井高のある倉庫であれば、リノベーションで1階部分を駐車場にし、2階をオフィスにするということも可能で、限られた土地を有効活用しやすいでしょう。

購入した倉庫をリノベーションすることのメリット・デメリット

購入した倉庫を他の用途にリノベーションすることによるメリットやデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

倉庫をリノベーションするメリット

倉庫ならではの広さや天井高を活かしたユニークなリノベーションが可能

シンプルな構造で間仕切りがないので間取りの自由度が高い

新築よりも倉庫リノベーションのほうが低コスト

物件の購入価格が通常の住宅や店舗・オフィスよりもはるかに安い

倉庫をリノベーションするデメリット

断熱性は一般住宅や店舗・オフィスよりも劣るので断熱対策が必要

窓が小さく少ないので採光対策も必要

水道やガスなどのインフラ工事が必要となる

住宅としてリノベーションする場合、住宅ローンを利用するためには用途変更手続きが必要

工業専用地域は住宅への転用が認められていないので注意が必要

店舗にリノベーションする場合、床面積が100㎡を超えるなら用途変更の手続きが必要

まとめ

今回は購入した倉庫を別の用途にリノベーションするケースについて、人気の用途をご紹介したうえで、倉庫リノベーションのメリットやデメリットも挙げました。

倉庫リノベーションは魅力的な方法ではありますが、デメリットもいくつかあるということを理解しておきましょう。

売り倉庫・売り工場searchでは大阪に沢山の売倉庫・売工場をご紹介しています。

倉庫・工場・物流センターを買いたい・売りたいとお考えの方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

物件に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

売り倉庫・売り工場SEARCHへのお問い合わせ

06–6975-7780 10:00~19:00 (土日祝除く)

メールでお問い合わせ