大阪で倉庫・工場を売却・高く売るなら 売り倉庫・売り工場サーチ

大阪で倉庫・工場を売却・高く売るなら 売り倉庫・売り工場サーチ

06–6975-7780
10:00~19:00 (土日祝除く)

まずは、ご希望のエリア・条件をお選びください。

キーワードで検索

かんたん検索

希望エリア

広さ・大きさ

~

価格

~

人気の条件

地図から探す

ご希望の都道府県の場所をクリックで
場所の詳細が選べます。

かんたん検索 で、売り倉庫・工場を見つける

倉庫を購入するときはライフラインの状況を確認しよう!工事の費用負担は?

倉庫を購入して運用していく場合、ライフラインが必要になります。

しかし居住用の物件とは異なり、倉庫はライフラインがすぐに利用できる状態にないことも珍しくありません。

今回は倉庫の購入をご検討中の方に向けて、倉庫の購入の際に気を付けたいライフラインについて注意点とともにご紹介します。

倉庫を購入するときに気を付けたいライフラインとは?

そもそもライフラインとは、生活の維持に必要不可欠な電気・ガス・水道などのことを指します。

居住用物件や店舗・オフィスなどの事業用物件の場合は、電気・ガス・水道などのライフライン設備が整っていることが多いですが、倉庫の場合は整備されていないこともあります。

とくに、ガスや水道は引き込まれていないことも珍しくないでしょう。

手洗いなどを設置したい場合やガス空調を利用するのであれば、新たに工事をしてガス管や水道管を引き込む必要があります。

そのため、倉庫を購入する場合は、電気・ガス・水道の設備がついているかを確認することが大切です。

不動産売買では、重要事項説明書で電気・ガス・水道の整備状況について確認します。

重要事項説明書に記載されているのは、飲用水、電気、ガス、汚水、雑排水、雨水の施設や配管の状況、今後の整備計画などです。

飲用水は公営水道、私営水道、井戸のいずれであるか、ガスは都市ガスかプロパンガスなのかについても重要事項説明書で確認することができます。

今後の整備計画がある場合は、予定の時期や負担金について記載されています。

倉庫を購入するときに気を付けたいライフラインに関する注意点

倉庫を購入する場合、使用予定のライフラインが整備されているかはしっかりと確認しておきましょう。

もし必要なライフラインがない場合は、新たに敷地内に引き込まなければ使用できません。

ライフラインの引き込みをする場合の工事費用は、買主が負担する点に注意しましょう。

一般的に、上下水道の引き込み工事の費用相場は20万円から40万円、ガス管を引き込む場合は10万円から20万円です。

電気を敷地内に引き込む場合は、屋外配線に関する工事費用は基本的に無料ですが、室内に引き込むのは有料となっています。

これらの費用が必要かどうかで大きく予算が変わるので、倉庫を探すときは、ライフラインの引き込み費用も考慮に入れておきましょう。

まとめ

今回は倉庫の購入をご検討中の方に向けて、倉庫の購入の際に気を付けたいライフラインについて注意点とともにご紹介しました。

倉庫を購入するときは、まず倉庫の運営において電気・ガス・水道といったライフライン設備が必要かどうかを確認しておきましょう。

必要なライフラインがそろっていない場合は、引き込み工事が必要になるので工事費用を購入予算に入れておくことをおすすめします。

株式会社トチタテビルディングでは、関西を中心に売り倉庫・売り工場物件をご紹介しています。  工場物件を売りたい・買いたいとお考えの方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

物件に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

売り倉庫・売り工場SEARCHへのお問い合わせ

06–6975-7780 10:00~19:00 (土日祝除く)

メールでお問い合わせ