大阪で倉庫・工場を売却・高く売るなら 売り倉庫・売り工場サーチ

大阪で倉庫・工場を売却・高く売るなら 売り倉庫・売り工場サーチ

06–6975-7780
10:00~19:00 (土日祝除く)

まずは、ご希望のエリア・条件をお選びください。

キーワードで検索

かんたん検索

希望エリア

広さ・大きさ

~

価格

~

人気の条件

地図から探す

ご希望の都道府県の場所をクリックで
場所の詳細が選べます。

かんたん検索 で、売り倉庫・工場を見つける

工場を売買するときに注意したい土壌汚染対策法ってどんな法律?


土壌汚染対策法とは、土壌汚染による健康被害から国民を守るために2003年に施行された法律です。

工場を売買するときは、土壌汚染対策法の調査義務があるのかについて注意しなければなりません。

今回はこれから工場を売買する予定のある方に向けて、土壌汚染対策法とはなにかと、調査義務があるケースについてご紹介します。

土壌汚染対策法とは?工場を売買するときに注意すべきポイント

土壌汚染対策法とは、国民の健康を守ることを目的に施行された法律で、土壌汚染を防ぐために具体的なルールが設けられています。

ルールに基づいて土壌汚染を発見し、情報を開示、そして必要に応じて除去するという流れです。

法律が施行された背景には、2000年以前から土壌汚染が顕在化してきたことや、それによって健康被害への懸念が高まってきたことがあります。

土壌汚染対策法は2003年に施行され、これまでにも複数回改正されており、現在も土壌を守るために重要な法律として機能しています。

土壌汚染対策法では、土壌の状況を把握するために、定められたタイミングで調査することが定められています。

土壌の調査は、環境大臣が指定した信頼性が確保された指定調査機関が実施します。

工場を売買するときに土壌汚染対策法の調査義務は発生する?

工場を売買するときに気になるのが、土壌汚染対策法の調査義務があるのかという点です。

調査義務があるのは大きく分けて、以下の3つのタイミングです。

有害物質使用特定施設を廃止する

使用が廃止された有害物質使用特定施設の土地の所有者や管理者などに、調査義務が発生します。

しかし、工場が建っていた土地の使用方法によっては、調査が猶予されるケースもあります。

土地の形質変更をする

3,000㎡以上の土地や、稼働中の有害物質使用工場で900㎡以上の土地が形質変更をする場合は調査義務があります。

操業中の工場の場合は、建物の増改築などで土地の形質変更をする場合に調査が必要になります。

また調査の猶予を受けている場合も、土地の形質変更をする場合は調査義務が発生することもあります。

土壌汚染によって健康被害が生じる恐れがある

レアケースではありますが、都道府県から土壌汚染調査の命令が出ることもあります。

都道府県の知事などが、健康被害の恐れがあると判断した場合に発令されます。

まとめ

今回はこれから工場を売買する予定のある方に向けて、土壌汚染対策法とはなにかと、調査義務があるケースについてご紹介しました。

土壌汚染対策法とは、環境保護の観点からも重要な法律です。

工場を売買するときは、土壌汚染対策法における調査義務に該当するのかしっかり検討する必要があります。

売り倉庫・売り工場searchでは大阪に沢山の売倉庫・売工場をご紹介しています。

倉庫・工場・物流センターを買いたい・売りたいとお考えの方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

 

物件に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

売り倉庫・売り工場SEARCHへのお問い合わせ

06–6975-7780 10:00~19:00 (土日祝除く)

メールでお問い合わせ