大阪で倉庫・工場を売却・高く売るなら 売り倉庫・売り工場サーチ

大阪で倉庫・工場を売却・高く売るなら 売り倉庫・売り工場サーチ

06–6975-7780
10:00~19:00 (土日祝除く)

まずは、ご希望のエリア・条件をお選びください。

キーワードで検索

かんたん検索

希望エリア

広さ・大きさ

~

価格

~

人気の条件

地図から探す

ご希望の都道府県の場所をクリックで
場所の詳細が選べます。

かんたん検索 で、売り倉庫・工場を見つける

工場売却で機械を処分する方法とは?処分前の確認ポイントをご紹介

工場ではさまざまな機械を使用しますが、移転や廃業するときは処分が必要になります。

工場の機械を処分するときには、どんな確認ポイントがあるのでしょうか。

今回は、工場の売却をお考えの方に向けて、工場で使用していた機械を処分する前に確認すべきポイントと処分方法をご紹介します。

工場売却で機械を処分する前に確認するべきポイントとは?

工場を売却するとき、不要な機械は売主が責任をもって処分する必要があります。

まず、処分する前に廃棄ではなく機械を売却できるか確認しましょう。

動作に不良はないか、使用感は目立たないか、耐用年数を超えていないかなどを確認し、状態がよければ買取やリサイクルに出すこともできます。

基本的に購入したばかりの機械で、不具合がなければ、売却できる可能性が高いでしょう。

買取に出すのであれば、購入した日付や付属品が揃っているのかも確認しておきましょう。

古い機械でも、しっかりとメンテナンスされており、動作に問題がないのであれば、種類によっては売却できることもあります。

処分予定の機械にどのくらい価値があるか、インターネットなどでリサーチしてみるのもおすすめです。

また、ガラスやプラスチックが含まれていない金属製の機械であれば、金属として買取が可能になることもあります。

これらの点を確認して、売却が難しいようであれば廃棄処分することになります。

処分にはさまざまな方法があるので、いつまでに処分すべきか、売却の計画と合わせてスケジュールを検討しましょう。

工場売却で機械を処分する方法とは?3つの方法をご紹介

工場機械の処分は、売却・廃棄・引き取りの3つの方法があります。

売却する場合は、新しく使用感がない、中古でも需要がある、動作に問題がないなどをきちんと確認することが必要です。

廃棄する場合は、工場機械は産業廃棄物扱いになるので、法令を遵守して処分する必要があります。

産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの専門業者に廃棄を依頼し、契約時には処分方法のマニフェストを作成する必要があります。

どんなにサイズの小さい機械でも、自治体でゴミとして回収してもらうことはできません。

法令に違反したり、不法投棄とみなされたりすると罰則もあるので、信頼できる業者に委託しましょう。

その他、機械を販売した業者に依頼すれば、不要になった機械を引き取ってもらえることもあります。

まとめ

工場売却で使用していた機械を処分する際は、まずは機械の状態を確認して売却ができないのか検討してみてください。

廃棄することになった場合は、産業廃棄物として責任をもって処分する必要があるので、信用できる業者に依頼することが大切です。

株式会社トチタテビルディングでは、関西を中心に売り倉庫・売り工場物件をご紹介しています。  倉庫・工場物件を売りたい・買いたいとお考えの方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

物件に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

売り倉庫・売り工場SEARCHへのお問い合わせ

06–6975-7780 10:00~19:00 (土日祝除く)

メールでお問い合わせ