大阪で倉庫・工場を売却・高く売るなら 売り倉庫・売り工場サーチ

大阪で倉庫・工場を売却・高く売るなら 売り倉庫・売り工場サーチ

06–6975-7780
10:00~19:00 (土日祝除く)

まずは、ご希望のエリア・条件をお選びください。

キーワードで検索

かんたん検索

希望エリア

広さ・大きさ

~

価格

~

人気の条件

地図から探す

ご希望の都道府県の場所をクリックで
場所の詳細が選べます。

かんたん検索 で、売り倉庫・工場を見つける

工場が売れやすい条件とは?立地や設備のポイントとは?

事業の転換や縮小などで、現在の工場が不要になったときに売却を検討する方は多いでしょう。

立地や設備など、どのような条件の工場が売れやすいのでしょうか。

今回は、工場の売却をお考えの方に向けて、売れやすい工場の条件についてご紹介します。

工場が売れやすい条件とは?売却に有利な立地の条件

まず売れやすい工場の立地には、どのような条件があるのでしょうか。

工場が建設できる用途地域は、第一種住居地域、第二種住居地域、準住居地域、近隣商業地域、商業地域、準工業地域、工業地域、工業専用地域の8種類です。

そのなかでも準工業地域と工業地域、工業専用地域は作業場の床面積などに制限がありません。

立地の条件として、上記の3つの用途地域にあれば幅広い事業に対応できるため、工場が売れやすいでしょう。

これらの地域は、周辺に住宅が少ないため、騒音などの近隣トラブルになりにくいというメリットもあります。

また、工場ではトラックなどの出入りがあるので、前面道路の幅員が十分で、駐車スペースがあるのもポイントになります。

高速道路やインターチェンジへのアクセスの良い工場も、売却には有利でしょう。

工場が売れやすい条件とは?売却に有利な建物の条件

売れやすい工場の建物の条件は、用途の幅が広い間仕切りのない平屋であることが挙げられます。

多層階や複雑な仕切りの工場は汎用性が低いので、買主の要望に合わないことが多いのです。

また、建物が法律上の基準を満たしていることを証明する「建築確認済証」が発行されていることも、重要な条件です。

工場の売却する際は、建築確認済証にくわえて、「登記済権利証」または「登記識別情報通知書」も必要です。

ただし売却に有利なのは、必ずしも面積が広い工場がというわけではありません。

なぜなら、土地単価の高いエリアの場合、広大な面積の工場は売却価格が高額になってしまうためです。

工場が売れやすい条件とは?売却に有利な設備の条件

工場の設備にはさまざまな種類がありますが、やはり最新で劣化が進行していないことが売れやすい条件となるでしょう。

一方で、大型の設備や用途の限られる専門性の高い設備がある工場は、売れにくくなります。

産業廃棄物に該当する設備を破棄する場合は、複雑な手続きと費用が必要になるので、分解や破棄が難しい設備が残っていないほうが売却には有利です。

売却先が工場の設備を使用するとは限らないので、買主がなかなか見つからない場合は、売主側が設備を破棄する必要があります。

まとめ

今回は、売れやすい工場の条件として、立地や建物、設備についてそれぞれご紹介しました。

工場は必ずしも築浅で広い面積のものが売れやすいわけではなく、用途地域や不要な設備の有無もポイントとなります。

工場の売却にお悩みの方は、ぜひ弊社にご相談ください。

株式会社トチタテビルディングでは、関西を中心に売り倉庫・売り工場物件をご紹介しています。  倉庫・工場物件を売りたい・買いたいとお考えの方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

物件に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

売り倉庫・売り工場SEARCHへのお問い合わせ

06–6975-7780 10:00~19:00 (土日祝除く)

メールでお問い合わせ